ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

五十六式


ガラス屋を下請けとして抱える清掃会社、及び、ビル管理会社に向けた話。


ガラス屋を下請けに抱える元請けさん。彼らがガラス屋に望むもの、その一番は安全作業でしょう。

細々としたクレームはある程度しょうがないとして、やっぱ大事故は避けてほしいもの。

とくに死亡事故なんか起こされた日には、元請け側もただでは済みません。

だから安全講習や安全パトロールをしてる元請けさん、最近多いですよね。


ただ、そんな風に安全に対して色々やっているのに、当のガラス屋は言うこと聞いてくれない。

こんなことって、よくありませんか?


「何度も口を酸っぱくして言っているのに、聞いてくれない」

「ウチの会社が推奨するやり方でやってくれない」

「たまにパトロールに行くと、勝手なやり方でやってる」

「あいつらサルか。ほんと舐めやがって」


なんて不満を持ってる元請けさん、いらっしゃいますよね?(笑)


では、どうすればガラス屋に伝わるのか?

その方法、私は知っています。

お教えしましょう。

名付けて、山本五十六式安全教育。





大東亜戦争で活躍した名将です。

彼は人に伝える技術、人を動かす技術に長けていました。

有名な名言をご紹介します。


やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ


うーん。素晴らしい!

これ、これなんですよ。人を動かす極意は。


下請けのガラス屋に言うこと聞かせるときも、この名言を模倣すればいいんです。

では、具体的なやり方をお教えします。


と、思ったのですが、長くなりそうなので続きは次回に。


ではまた。



広告を非表示にする