ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

人は大事ですよ

 
すき家のバイト不足による閉店ラッシュが続いてますな。パワーアップリニューアルだか何だかって話ですけど、どうも実情はそうでもないようで。
 
 
 
これを見て思いました。
 
ガラス屋にも、こんなときがくるんじゃないかとwww
 
もうやってらんねーぜ!なんて感じでバタバタと人が辞めてっちゃう。この先そんなことはないですかね?
 
あると思いますよ(笑)
 
 
ネタバレになりますが、青空のルーレットも、最後のオチはそれでしたからね。全員バックれオチw
 
 
 
別に辞めなくても、年配者が体力的な関係で辞めて、代わりの人間がみつからない、なんてことは普通にありますよね。
 
てかこれからドンドンあることでしょう。募集だしても、なかなか来ないですから。
 
 
 
当たり前な話なんですけど、牛丼屋もガラス屋も、人がいないと成り立ちません。最近、身近でそれを感じた話があります。
 
とある清掃会社。仮にS社としましょう。
 
このS社。もともと直手の数は少なく、業務の大部分を外注に頼んでいました。
ま、ほとんどは応援の形だったと思います。請けではなく。
 
入札の現場が多かったS社、ある年から、現場の数が激減します。
 
ピンチに陥ったS社、なんと下請けへのお金を払わなくなります。
 
一ヶ月、二ヶ月、さらには半年と。払いが滞るごとに、一社、また一社と、付き合いを辞める会社が出てきます。
 
当たり前ですよね。お金もらえないのに、その会社の仕事をする意味はありません。
 
ついにS社の周りからは誰もいなくなってしまいました。
 
それから二年弱、なんとか復調の気配が出てきたS社。徐々に現場が増えていきます。
 
 
でも誰もやってくれないから、結局潰れちゃいましたwww
 
 
ちゃんちゃん。
 
 
いや、こんな話があったんです。てか潰れたの先月だし。
 
最終的には、直手すらも全員辞めてました。
 
 
仕事はあっても、やってくれる人がいなきゃ成り立たない。
 
 
そんな当たり前のお話でした。
 
ではまた。
 
 
 

 
広告を非表示にする