ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

生まれて初めてのロープ


前回の話を書いていて、生まれて初めてロープを降りたときのことを思い出しました。

若干おかしな感じだったんで、ちょっとそれについて書いてみます。

☆☆☆

初めてのロープは当時の社長とマンツーマン。4階建ビルの屋上から。

社長「これからロープのセッティングを教えるから。1回じゃ覚えられないだろうけど、よく見てて」

私「はい!お願いします!」


セッティングを始める社長。


社長「もやい結びっていうのを教えるから。いいか、まずは輪っかをつくって、上から通す」

私「はい!」

社長「、、、で、どうするんだったかな、、、」

社長フリーズ。

私の心の声(以下、心の声) 「あれ?おかしいぞ?大丈夫?」

社長「そうだ。これでこう回して下から通す。できた。こうだ」

結んだロープを引っ張る社長。


簡単にほどけるロープwww


社長「あれ?おかしいな?間違えたか?」

心の声「間違えたじゃねーよ!引っ張っただけでほどけてんじゃねーかよ!この人マジか!!」

もう一度結び直す社長。

社長「えーと、こうやって、こうやって、こう。」

社長「うん。大丈夫だろ。これで」

心の声「大丈夫だろってなんだよ。若干の疑問形かよ」

社長「これがもやいだから。分かった?」

私「は、はい。。」

心の声「分かるわけねーだろ」

社長「自分で引っ張って確認してみて」

本気の本気で引っ張り、確認する私。

心の声「大丈夫。大丈夫だよな。。いや、大丈夫であってくれ!」

私「大丈夫です。はい。。」

社長「セッティングは確認が大事だから。いいな?」

私「はい」

心の声「あんたが超適当な感じだから、そりゃ言われなくても確認するわ!」

続いてブランコのセットに移る社長。レスキューエイトをセットしようとする。

社長「次はブランコ台をセットするから。見てて」

私「はい」

社長「こうロープを持ってきて、こうやって通して、ここに引っ掛ける。いいな?」

私「はい」

今度は1回でセット出来た社長。

社長「これ普通に乗ったら落ちてっちゃうから。いま落ちないようにロックするな。ロックしてないと危ないぞ」

私「お願いします!」

心の声「ロックできるんだ。それなら安心だ。ブランコに乗り込むときが1番危ないって聞いたし」

レスキューエイトをロックしようとする社長。

社長「えーと、どうやったかな?こうか?」

社長「あれ?できないぞ?こうだったかな?」

試行錯誤する社長。

社長「出来ないな。まあいいか。乗って」

私「え、は、はい」

心の声「出来ないんかい!ロックしてないと落ちるから危ないって、さっき自分で言ってたじゃん!」

社長「はい、乗って」

超ビビりながら乗る自分。

なんとか乗り込み完了。

言われた通り足にロープを巻きつけ、ゆっくりと降りる。

無事着陸。


で、そんな感じで2回目を降りる。

なんとか無事着陸。

それを見た社長。

社長「もう大丈夫だな。じゃあ、あっちからやってきて」

私「え?ひとりでですか?」

社長「うん」

心の声「マジかよ!!大丈夫なわけねぇー!」

先輩にセッティングの確認をとりながら、5、6本ひとりで降りる。

終了。


☆☆☆


はい。私のロープデビューは、こんな感じでした。かなり適当ですねwww

いや、生きてて良かった(笑)


後日、社長が適当すぎたことを先輩に言ったんです。そしたら

「適当もなにも、あの人、人生で10回もロープ降りたことないよ」

て言われましたwww


いや、ほんとに生きてて良かった。





広告を非表示にする