ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

先輩と後輩

 

最近身の回りに若い人が増えたんで、歳の話がチラホラ聞こえるようになりました。

彼は後輩。で、彼は一個上の先輩。みたいな話を聞くわけなんですけども、実は私、先輩後輩みたいなのが嫌いです。てか今日までの人生、そういうのに縁がないので、概念そのものを分かってません。

 

小中と部活に興味がなかった私。学校で先輩といえる人は一人もいなかったし、当然後輩もいませんでした。

で、そのままガラス屋でバイトして20歳で独立してるんで、明確な先輩っていう感じの人がいないんですよね。バイトしていた当時は10代だったからか、周りの人は先輩ではなく兄貴って感じでしたし。

さらに言うと、もともと自分の中に「歳の差なんて糞食らえ」みたいな考え方があるんで、余計にそうなっちゃってるんだと思います。先輩知らねーよ的な感じに。

 

ときに思うんですけども、窓拭きの世界、ガラス屋で言うところの先輩後輩ってなんですか?その辺をマジで分かってないんですよね。

年上が先輩なんですか?それとも会社に入ったのが先ならば先輩なんですか?はたまた職歴の長いほうが先輩ですか?

このあたりのことは本当に知りません。芸人の世界なんかはハッキリとしてますよね。先にその世界に入ったほうが先輩で、それこそ向こうが先に入ってれば、自分の方が10歳年上でも後輩になるっていう。本当に分かりやすいシステムです。

それに比べてガラス屋はどうなんでしょう?昔は芸事やってるひとが多かったから、芸人さんのような考え方をする人がいましたけど、今はいないですよね。たいていは歳だったり会社に所属している年数で決まってるんだと思います。

まあ正直興味がないんでどうでもいいんですが、私の考え方は違います。

 

デキる奴が上

 

もうこれしかないでしょう。てかこれ以外は考えられない。

ガラス屋は実力主義、だから心地よかったんですけどね。これ私の場合は。

余談ですが、趣味のビリヤードも実力主義なので最高に心地いいです。上手い=偉い。

 

「ガラス屋は歳も関係なければ経験年数も関係ない。だからいいよな」

これは知り合いK氏がよく言うことですが、全くもって真を突いてると思います。で、いつもこのあとに言うことがあるんです。

「長くやってるっていっても、ただ長くやってる奴がほとんどだからな」

真を突きすぎてて怖いですw

ガラス屋は独立しなきゃ意味がない、なんて思ってるK氏だからこその発言なわけですが、私はこの考えに賛成しています。

 

先輩だの後輩だのっていう、小さなことにこだわりすぎるのは無駄だと思います。読んで字のごとく、先に生まれた輩(やから)か、あとに生まれた輩か。どちらも輩であることには変わりません。目糞鼻糞レベルの話ですよ。

 

 

 

 

広告を非表示にする