読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

けこーん

 

どうも〜、イクメンブロガーへの転身をはかってる男ホーリーです。んでもやっぱ、書くのは窓拭きが楽。

旦那をイクメンにする方法 - コラッピブログ

 

イクメンといえば結婚ということで、ちょっと結婚関係の話でも。

 

☆☆☆

 

昔に比べて、最近は独身のガラス屋が多いと思います。まあ昔から独身は多かったですけど、最近の独身率は高すぎる。

結婚しない理由のひとつに経済的なことがあげられます。収入が少ないから結婚出来ないってやつですね。まあこれ、逆に多かったら結婚するってわけじゃないですけど、しないことの理由にはなる。

 

ここで何を言いたいかというと、最近のガラス屋は稼ぎが少ないから結婚するなとか、そんなんじゃないんです。

経済的な面では、少し先を見通して結婚するのが大事だって言いたいんです。

 

ガラス屋の社員でもバイトでもいいんですけど、結婚するじゃないですか。(どっちでもいいのは収入が50歩100歩だから)

ここで、「今は稼ぎが少ないけど、5年後、10年後には上がる」なんて思っちゃダメなんです。

 

もうこれね、ハッキリ言いますよ。

 

今後ガラス屋の給料なんてビタイチ上がりません

 

これほぼ100%そう。上がるわけがない。

てか上がるかどうか以前に、5年後、10年後に、今いる会社があるのかどうかを心配したほうがいいですよ。これマジで。

さらに言えば、ガラス屋って職業がいつまであるのかも考えたほうがいい。人間が直接やる部分は、将来必ず減りますからね。

辞めてく人間が多くなり、一瞬は残存者利益を享受するかもしれませんが、それもたかが知れてます。

 

ガラス屋さんに経済的なことを言うのなら、独立、もしくは副業を勧めます。雇われのガラス屋一本だと、経済的に苦しいのは間違いありません。しかもこれずっと。

だから結婚するときに、その辺を楽観視しない方がいいと言いたいんです。思考停止せずに、ちゃんと考えた方がいい。そうしないと不幸になる場合がありますから。

 

超よけいなお世話な話なんですけども、ガラス屋として結婚するときには、少し先を考えた方がいいんです。楽観視はやめましょう。

 

 

 

広告を非表示にする