読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

窓ガラス清掃、プロにオススメしたい道具ベスト5

窓拭き道具あれこれ

さあさあ、タイトルの通り、プロにオススメの道具を5つ紹介します。

普段センス無い道具使ってる人は参考にしてくださいw

 

☆☆☆

 

第5位 真鍮スクイジー

私が真鍮スクイジーを使う本当の理由 - ホーリーの窓拭き日記

 

はい。まずは5位から。というわけで真鍮スクイジーです。

最近では多分少数派の真鍮。ステンレスやらアルミなんていう小洒落たスクイジーを使うプロも多いですが、これだけは言いたい。

 

漢なら真鍮だろが!!

 

重くて手が疲れるとかいう、意味不明な理由で避けられる真鍮。もう可哀想で仕方ありません。どうせ疲れるほどかっぱかないくせに。

ホルダーにしまうときの音が最高な真鍮。ぜひ使いましょう。

 

 

第4位 踏み台

踏み台 - ホーリーの窓拭き日記

 

最近は内側やるときにポールを使う人が多いですけども、もうあれこそ意味が分かりません。

両手使えて、シャンプーでも受けやすい踏み台の方がいいでしょう。基本的に。

これが3尺とか4尺だと邪魔臭いんですよ。2尺の踏み台でないといけません。

基本的にどのビルも天井の高さは約3メートル。ゆえにガラスの高さもせいぜいそのくらい。踏み台60cm+身長170cm+腕の長さ+スクイジー45cm。これ全て合わせれば3メートルを下回りません。基本的に内側では万能です。

 

 

第3位 シャックル

シャックルのセッティング方法 - ホーリーの窓拭き日記

 

第3位はシャックルっていうか、シャックル8の字ですね。これがオススメです。のの字は使いません。

安くて頑丈で、止める手間まで省けるシャックル。これこそ最高の下降器です。

エイト環とかジェットマン使ってる人は考え直しましょう。ありゃ金の無駄です。

 

 

第2位 吸盤

吸盤 - ホーリーの窓拭き日記

 

ロープで上手く体勢を保てない初心者用の道具、なんて勘違いをされやすいのが吸盤。実は私もそう思ってました。だから使い出したのは、ガラス始めて5年目くらい。

それで使ってみてビックリ!振り幅が断然稼げるんで、ロープの作業効率が格段に上がります。

ある程度かっぱける人にこそ、使ってもらいたい道具です。

 

 

第1位 SSホルダー

SSホルダー - ホーリーの窓拭き日記

SSホルダー その2 - ホーリーの窓拭き日記

 

はい。栄光の第1位はSSホルダーです。

現場にシャックルがなくてもいいんです。踏み台がなくてもいいんです。なんなら吸盤もなくていいんです。エイト環で降りるし、ポールで内側やるし、ロープも刻んで降りますよ。

 

ただSSホルダーが無いのだけは我慢ならん!!!

 

SSホルダーがない状態での窓拭きなんて1ミリもやる気になれません。そのくらい大事、マストな道具です。

てかむしろですね、SSホルダー以外を使ってる人の気持ちが分かりません。なぜ他のホルダーを選んだのか聞きたいです。てか問い詰めたい。

 

ホルダーはSSの一択しかないでしょう

 

一度使えば分かります。もう圧倒的にいいもん。SSは。

他のホルダーが勝ってるのなんて、せいぜい水が入る量くらいでしょう。それもSSで絞りながらやれば大差ありません。

 

SSのない窓拭きは窓拭きにあらず

 

もうこのくらい言い切っちゃっても問題なし。そんな道具がSSホルダーです。プロは必ず使ってください。

 

☆☆☆

 

以上、「プロにオススメの道具ベスト5」でした。

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

広告を非表示にする