ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

リスク

最近自転車が話題に登ることが多いですね。むしろ選挙でも自転車専用レーンの話がでたりして。

佐々木俊尚さんsasakitoshinaoの「まったく周知されていない現状。啓発活動だけじゃ無理だと思うな。かさ上げした専用帯をつくるとかしないと。/「自転車は左」浸透せず…なくならない“逆走”」 - Togetterまとめ

先日もこの記事、ってかまとめを見て、一人ふむふむと考えてました。

 

最近は自転車に乗ることも少ないんですけども、今って原則車道になったんでしたっけ?んまどっちにしろ、私が車道を走ることなんてほとんどないですけどね。仮に捕まるとしても歩道を走ります。

だって車道なんて走って轢かれたら死ぬじゃないですかwww

そんなリスクは犯せません。自分が気をつければ安全な歩道を走りますよ。

車道だと、自分がどれだけ気を付けていても、車に突っ込まれたら即アウトですからね。その点歩道は、まだリスクコントロールが出来るってもんです。ゆっくり走れば比較的安全ですもん。自分が死ぬ恐れはほとんどないでしょう。

 

☆☆☆

 

以前246で、知り合いのガラス屋が自転車に乗ってるのを見かけました。たしか川崎に住んでて、連日のように東京の現場まで自転車で直行してる人なんですよ。その人。物もいいやつに乗ってて。

前に少し話したときに、どうも所要時間が短いなと思ったんですけども、その姿を見て納得がいきました。

もうね、キチ◯イみたいなスピードで走ってたんですよ。あれはヤバい。

その後一度も会ってないんですけども、どっかで跳ねられて死んじゃいまいかと心配しています。てかあれですけどね、あんな猛スピードで走ってる自転車、轢いたほうがむしろ可愛そうですけどね。だって見えないですもん。それで全面的に車が悪くなっちゃうのは、やっぱ可愛そうです。

例えば左折するときとか、それだけのスピードで突っ込んできたら絶対に分かりませんよ。確実に轢くでしょう。

 

んまそれで何が言いたいのかといいますと。

 

リスクコントロール出来ないことは怖い。

リスクマネジメント出来ないガラス屋はもっと怖い。

 

ていうことです。ではまた。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする