ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

テンパる

 

長男が幼稚園に通い始めました。思いのほか馴染んでるようで安心してるんですけど、実は私の心配は別のところにもあるんです。

あれなんですよ、担任の先生が新人なんです。ホヤホヤの一年目でして、入園式の日のパニックっぷり、いわゆるテンパりが激しかったのが印象的で、それ以来ずっと心配しています。あの先生で大丈夫だろうかと。

 

同じようにテンパる人ってガラス屋にもいますよね。それも新人ではなくベテランで。さらには責任者でも。

もうね、あれが理解出来ずにいるんです。なにをテンパることがあるのかと。

 

お前がやってるのは単なる窓拭きだぞ

 

と、頭をどつきたくなることがあります。もうアホかと。

窓が綺麗だろうが汚れていようが世の中は平和なんです。何の心配もいりません。

むしろ危惧してほしいのは、テンパる姿を見せることでお客さんや周りの仲間にまで動揺が移っちゃうことなんです。そんな状態では必然的に事故る確率も高まります。それじゃ、いいことなんてひとつもないんですよ。

 

窓拭きごときでテンパらない。焦らない。仮にそうなっても、その姿を悟らせない。そうすることで事故の確率を下げることが出来ますし、結果安全作業に繋がるわけです。

 

いいでしょうか?

 

ではまた。

 

 

 

広告を非表示にする