読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

老い黄忠

 
かなり前、多分10年くらい前なんですけど、知り合いのY氏がこんなことを言ってたんです。
 
「最近かっぱけなくなってきた。ガラス屋辞めたい」
 
Y氏といえば私の知ってる限り最速の男。
 
 
その発言を聞いたときも、まだ全然かっぱけてたし、超速かったのは確かです。
 
なんでそんなことを言うのか、そのときは全く理解できませんでした。
 
 
で、月日が経った数年前。その言葉の意味が分かりました。
 
老いなんですよ。老い。
 
体力が落ちてくると、昔の自分より遅くなるんです。衰えていく自分と向き合うのって辛いんですよね。
 
 
わたくしホーリー、30手前、下手したら27歳くらいから体力の衰えを感じています。
 
(もしかして早い?w)
 
Y氏と比べたら全然低次元の話なんですけど、私もかっぱけなくなる自分が嫌です。
 
いちプレイヤーとして、昨日の自分より今日の自分が衰えてるって、ショックですよね。
 
そろそろプレイヤーは卒業して、経営に専念しなさいと神様が言ってるのでしょうか?
 
そのくらいプレイヤーとしての自信がなくなってきています。
 
 
この間、とある同業者の方から、「ガラス屋っていくつまで出来ますか?」って聞かれたんです。
 
「楽しめるのは30歳まで」
 
そのときは何となくこう答えたんですけど、この言葉に嘘はありません。
 
あくまでも私の場合ですが、プレイヤーとして楽しめるのは30までだと確信しています。
 
つまりですね。成長を感じているうちは楽しい。これが止まったら辛い。早熟なプレイヤーにとって、それはザックリ30歳。
 
こういうわけなんです。
 
衰えるのは辛いですな〜。
 
 
しかし、ここで素朴な疑問が。
 
30超えてるガラス屋って最近多いじゃないですか?てかほとんどがそうですよね。
 
そういった方々は、プレイヤーとして楽しいのでしょうか?
 
成長が止まってから長いと思いますが、モチベーションはどこにあるんでしょうか?
 
この辺が疑問です。誰か教えてください。
 
 

 
 
広告を非表示にする