ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

老兵


こんな窓拭きブログがあったら面白いんじゃないか。

具体案ふたつめ。

、、、

を書こうとしてたんですけども、モチベーションが下がったのでやめときます(笑)

あと4つあったんですけどね。良く考えたらくだらなさすぎるので。


なので、えー、なに書こうかな?

あれだ。


こないだ知り合いのKさんと話していた、歳をとることの弊害について。


最近のガラス屋は高齢化が進んでます。で、これはフリーのガラス屋も当然一緒。

結構高齢の人が多いですよね。

で、自分の現場を持ってるフリーの人はいいんです。問題は現場を持ってないフリーの人。ようは応援専門みたいな。

こういう人たちはこれから厳しい、みたいな話をしました。

ようはですね、自分が元気でも、歳食ってるってだけで、応援に呼ばれなくなるんです。

例えばAさんとBさんがいたとしましょう。

Aさん25歳。Bさん45歳。

2人の能力は全く一緒だとしましょう。

この時点で、どちらか片方を応援で呼ぶとしたらどうします?

私なら間違いなくAさんを選びます。

それはほとんどの方がそうするでしょう。


なぜか?

今後のことを考えたら、俄然BさんよりもAさんと仲良くしたいからです。

Aさんは若いです。普通に考えたら、あと20年はカッパけるでしょう。

反対にBさん。失礼ながら、あと何年カッパけるのかも分からない。

どちらに積極的に声をかけるのか。これはもう明白なわけです。

仮にBさんの方が能力が高くても、少しの差ならAさんに声をかけるってもんでしょう。


年をとるデメリットはまだあります。

例えばBさんは、ものすごく元気だとします。体のキレも20代からほとんど衰えてないと。

そんなBさんがある日風邪をひいて、熱が出たとしましょう。

そんな体で応援に行くBさん。周りに迷惑がかかるので、調子悪いことは隠します。

そんなBさんを見て、周りの人はどう思うでしょうか?

「Bさんも、もう年だな。。」

こう思われることは間違いありません。

てか、私ならそう思います(笑)


それで次回からはAさんに声をかけると。

ちょっと極端に言いましたけど、こういうことって、よくあると思うんです。

年取ってるだけで、ちょっとした調子の悪さが許されなくなるというか、周りの目がそうやって向いちゃいますよね。


で、何が言いたいのか。


最近のフリーランスは年くってるぞ!

若者よ、もっとフリーランスになりなさい!


こういう話でした(笑)


ではまた。




広告を非表示にする