読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

いい人


窓拭きの求人に関する話。


求人をだすも、なかなか人が来ないってガラス屋さん、最近多いと思います。

連絡が来ても、年配者だったり、さらには未経験だったりと、なかなか難しいのが現状でしょう。

「いい人が来ない」

こんな声を、あちこちの会社から聞いています。


で、ふと思ったんですが。

今と昔では「いい人」の定義が違うのではないでしょうか?

いい人っていえば、とりあえず若い人。これは間違いないですよね?20代前半、もしくは20歳前後だと最高です。

で、若い人がいいってのは当たり前なんですが、その他の条件というか、定義が変わったと思っています。


具体的に言いますと、まずは外見。

長髪、茶髪、ヒゲ、ピアス。

これらがダメって会社もありますよね。最近は。

だからこれに引っかからないのが、いい人。

ところが、昔で言うところのいい人は、大抵これに引っかかる外見だったと思います。

バンドマンで、音楽一生懸命にやってて、バイトも一生懸命、なんて人がそうですね。

全員がそうだとは言いませんが、音楽に熱い人は、その他のことも頑張るんですよ。当然窓拭きも頑張ってくれます。

ただ、今だと外見でアウトになったりするでしょう。いい人なのに。



次に思うのは性格。

昔で言ういい人は、結構みんなヤンチャでした。

ガンガン窓拭きするような人は、活発な性格の人が多かったのでしょう。

元気な若者=ヤンチャ

これは多少なりとも当てはまりますよね。

で、最近ではヤンチャな子を受け入れる土壌が狭くなっています。ちょっとしたことでアウトになりますから。

余計なことをしない。ちょっとした問題も全く起こさない。

なんて子がいい人の枠に入るのでしょう。

元気が良すぎる若者は、いい人枠に入りにくい傾向があります。


昔と今では、いい人の定義が変わりました。

ゆえにいい人の絶対数が少なくなってる→だから来ない。

こういう流れがあると思うんです。

だからどうしろって具合案があるわけじゃないんですけどね(笑)

いい人の許容範囲が狭くなってることを、しっかりと認識することが大事だと思います。


で、そうそう。

ちなみに、今わたしが10代に戻って、ガラス屋の面接を受けたとしましょう。

100%いい人の枠には入りませんねwww

これはもう間違いない。






広告を非表示にする