読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

2点取り

ロープのセッティング

ときどき意味のない2点取りをしてる人がいます。

f:id:gevvoi468:20140112120420j:plain

こんな風なやつなんですけど。

(ちょっと写真が分かりにくいですね。左の丸環に1点取りをして、ロープの余りを右の丸環にセットしています)

このセッティング、意味ないですからね。

1点取りをしている丸環が抜けたときようの、バックアップのつもりなんでしょうけど、これには意味がありません。

バックアップ用の丸環に荷重がかかるときって、どんなときでしょうか?

メインの丸環が抜けたときですよね。

しかしバックアップ用の丸環に荷重が移る前に、ライフラインで宙吊りになりませんか?

いや、間違いなくなりますよね。

ゆえに、このバックアップ用の丸環に荷重がかかることはないわけです。無意味なんですよ、これ。

同じようにセッティングするのなら、こうした方がいいです。

f:id:gevvoi468:20140112121630j:plain

左の丸環にロープを通して、右の丸環にセットしています。

こうすれば2つの丸環に荷重が分散されるので、宙吊りのリスクを軽減させることができます。

さっきのセッティングだと、そもそも丸環が抜けるリスクも高いですよね。事実上の1点取りですから。

前も書きましたが「宙吊り=アウト」ですので、余計にダメなわけです。さっきのは。


バックアップ的なセッティング、その全てが無意味なわけではありません。

ロープと同一方向にバックアップを取るときは、その意味があります。

f:id:gevvoi468:20140112122302j:plain

こうやって同一方向にバックアップを取れば、メインが抜けたときも大丈夫です。

ただし、メインからバックアップにかけてのテンションが、十分にかかってないといけませんけどね。

緩んでいると、その分落ちますので、その間に宙吊りになってしまいます。

☆☆☆

無意味な2点取りの話、ご理解頂けましたでしょうか?

2点取りをする際は、荷重の分散を心がけましょう。

宙吊りはアウトですから。


ではまた。




広告を非表示にする