読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

丸環1点取りはない

ロープのセッティング

セッティングの具合的な話に入るまえに、ふたつほどお話しておきたいことが。今回はそのひとつめ。


建前にそったセッティングはしないと言いましたが、私の会社では丸環の1点取りは基本的にNGです。

なぜならば丸環は抜けるものと考えているからです。

f:id:gevvoi468:20140108200927j:plain
(これが丸環)


結構1点取りしてる人っていると思うんです。降りる場所がちょうど丸環の位置のときとか。いわゆる丸環直ですね。

そんなときでも1点取りはせずに、横の丸環に逃がすようにセッティングしています。

f:id:gevvoi468:20140108201111j:plain
(黒がメイン、黄色がライフライン)

こんな風に。

言っても少々のことじゃ抜けないですよ。丸環は。そのためにライフラインも別に取ってますしね。

ただ、ライフラインに宙吊りになった時点でアウトだと考えているので、丸環1点はないです。

ロリップで宙吊りになった瞬間、内臓をやっちゃって、宙吊りのまま死んだ人なんかもいますしね。

そもそも宙吊りになる前提で、ロリップを正しく使ってる人は少ないと思うんです。

ようは高い位置にセットするってことなんですけど。

実際に高い位置にセットすると、作業しにくいですからね。ほとんど全ての人が下にセットしてると思います。

f:id:gevvoi468:20140108201329j:plain
(これが下。肩くらいの高い位置が上)

ですから、間違っても宙吊りにならないよう、最低でもふたつの丸環を使って、荷重を分散させることが大切です。

実際に1点取りと比べても、ほとんど手間は変わらないですからね。そういうリスクヘッジはしておくべきです。


丸環1点取りはしない!

ひとつめはこういう話でした。

ふたつめの話に続きます。




広告を非表示にする