ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

窓拭き@ゲルマン魂

 
ドイツの窓拭きの話。
 
 
ドイツといえば、かなりの窓拭き先進国です。
 
窓拭き道具二大メーカーのひとつ、UNGERといえばドイツのメーカーですし、窓拭きロボWINDOROもドイツで発明されました。
 
窓拭きというか、掃除に対する意識が高いらしいですね。ドイツ国民は。
 
 
で、そんなドイツ。聞くところによると、
 
ロープ作業が禁止
 
らしいんです。
 
 
f:id:gevvoi468:20131025060648j:plain
(ロープ作業)
 
 
これは確かな筋からの情報ですので、間違いないはずです。多分法律で禁止されてます。
(ググっても、ロープ禁止の情報が見つからないのは何故だろう?)
 
ロープ禁止のドイツ。業者はどうしてるのかと言いますと、
 
基本的に、ポールを使ってる
 
みたいなんです。
 
f:id:gevvoi468:20131025061211j:plain
(ポール)
 
 
三段やら四段のポールを使えば、10m前後までは届きます。
 
基本、そのくらいの高さのガラスは、ポールを使って作業してるみたいです。
 
(多分だの、らしいだの、みたいだの、憶測が多すぎだな。。。)
 
 
ポールで届かないような高さのガラスは、、、
 
 
どうしてるんでしょうね?
(だって、ググっても見つからないんだもん)
 
 
多分中から出来る構造になってるんでしょう。多分。
 
回転窓になってるとか。キャットウォークがあるとか。
 
興味のある方は、自分で調べてくださいね。(無責任)
 
。。。
 
そんなドイツから、画期的な道具が発明されています。
 
これです。
 
 
 
普通の水道水を「純水」に変え、その「純水」で窓を洗うというマシン。
 
洗剤はもちろん、スクイジーすらも不要なんです。
 
この道具の動画を発見しましたので、ご紹介します。
 
 
 
 
いや〜、凄いですね。まさにポール大国ドイツにもってこいの道具です。日本でも数社が採用してるとか。
 
 
しかしこの道具、
 
 
どう見ても重すぎでしょwww
 
 
屈強なドイツ人だからこそ、なんとか使いこなしてますが、非力な日本人には無理でしょうね。
 
(カタログを見ると、ドイツ人が片手で持ってるんです。かなりの痩せ我慢ですねw さすがゲルマン魂)
 
 
この道具を使うのなら、その「純水」をタンクに入れて、KARCER(ケルヒャー)で洗い流した方が、速くて楽だと思うんですけどね。
 

 

 

 

KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360

KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360

 

 

 

 

 
 パワーが足りなければ、普通の高圧洗浄機でもいいですし。
 
(そいやこのKARCERもドイツのメーカーなんだよな。さすがドイツ)
 
 
窓拭き先進国ドイツ。なかなかに奥が深いです。
 
 
以上、「ドイツで窓拭きするなら、高所恐怖症かどうかなんて関係ねぇ、腕力さえありゃいいんだよ」な話でした。
 



広告を非表示にする