ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

窓拭き選手権

 
窓拭き選手権。正式名称は「日本ガラスクリーニング選手権大会」という窓拭き大会があります。これは一般の方でも、一度くらいテレビのニュースとかで見たことあるんじゃないですか?意外と認知されてるイメージがあります。
 
三枚のガラスを拭き、そのタイムを競う大会です。拭き残しはタイムに加算されますので、速く綺麗にする技術が求められます。
 
私自身この大会をずっとバカにしてたのですが、考え直すところもあり、前回大会に初出場してまいりました。
(東京予選大会ですね。以下予選大会の話です)
 
結果は、、、100人中60位でした(涙)
 
いやいや、それでも思っていたよりはいい大会でしてね。思いのほか楽しめました。また次回大会に出ようと思ってますもん。
 
ただ、前回紹介したG○Aが主催している大会なので、いくつかは不満な点がありましたw
 
 
特に不満なのが賞金額です。
 
 
一般参加費が15000円なんですよ。かなり高額ですよね。G○Aの会員だと半額の7500円になるわけですが。それで毎回100人くらい参加するわけです。さすがに9割が会員ですけど。
 
単純計算しますと、(会員7500円×90人)+(一般参加15000円×10人)=825000
参加費だけで82万5千円集まるわけです。
 
それなのに優勝賞金が
 
 
3万円
 
 
これしかないわけですよwww
 
ちなみに2位で2万、3位で1万です。本当少額ですよね。一般参加だったら、一万五千円払って優勝しても、倍にしかならないですからね。
 
私は趣味でビリヤードをするのですが、店単位で行うハウストーナメントというものがあります。それでも賞金額は参加費の10倍くらいになりますからね。「協会が主催してこれかい!」な賞金額です。
 
会場をかりて行うので、会場代や審判、司会、受付、撮影などの経費は掛かるのでしょうが。。。
(会場代はググったら20万弱ということが判明しました)
 
それでも協賛の会社が6社くらいいましたからね。そこからのパックアップもありますよね。
 
参加者のモチベーションをあおるには、50万くらいは欲しいところです。実際に賞金額が高かったら、もっと参加者も増えて盛り上がりますよね。参加してない会社の方が多いのが現状ですし。
 
 
むしろこの大会、開催することでG○Aが潤ってるんじゃないかという疑惑が。
ザックリ計算するとお金結構余るんですよねw
 
「日本ガラスクリーニング選手権」というのは名ばかりで、本当は
 

 

G〇Aを励ます会

 

なんじゃないかと思っちゃいました(笑)政治家のパーティー風な。
 
そうでないことを祈ってます。
 
 
以上、「窓拭き選手権」のエントリでした。
 
参考になれば幸いです。
 


 
広告を非表示にする