ホーリーの窓拭き日記

窓拭き会社社長による、窓拭きブログです。

手段と目的

「手段と目的」

 

よく混合しがちな事かなと思います。昨日の話もそんなようなことなんですけどね。

スマイル0円 - ホーリーの窓拭き日記

 

私は仕事において、お客様のニーズを満たす事を目的にしています。そのための手段として、窓をちゃんと綺麗にする事、挨拶をしっかりする事などを行っています。

目的を果たせるのであれば、手段にはこだわりません。

 

人と議論になったりする時、お互いの手段と目的がずれてる事ってよくありますよね。

 

窓拭きで言いますと。

プロなんだから極力シャンプーとスクイジーを使うべきだ、という意見があります。タオルなんかで窓を拭くな、プロの道具を使え、という意見です。

 

結構聞いたりするんですけどね。私は全くそうは思いません。

窓を綺麗にする事が目的なのなら、タオルを使った方が簡単で早い場合がありますし。(意外と多いです)

また、お客様のニーズを満たす事を目的とした場合、そのお客様がプロの道具を使っているのを見て、より安心して下さるのなら、そうした方がいいと思います。そうでないのなら、窓を綺麗にする方法は何だっていいと思います。

 

一様に、プロなんだからプロの道具を使うべきだ、という意見には以上の理由から反対なんですよね。

第一それを徹底する事の目的が分からないんですよ。シャンプーとスクイジーを使うのは、多くの場合で手段にしかならないと思うんですけど、、、。

これを目的にしてしまってる人多くないですか(笑)

 

その道具を使う事。窓を綺麗にする事。お客様のニーズを満たす事。

自分の目的をはっきりと定めて仕事をしたいものです。

 

昨日の話も同じですね。

窓を綺麗にする事が目的なのか。お客様のニーズを満たす事が目的なのか。そこがずれていたのだと思います。

 

 

手段と目的、見失わないように気を付けたいですよね。

 

 

 

広告を非表示にする